指定工場やユーザー車検代行の費用

ユーザー車検の良いところは、車検の料金を抑えられることと、自動車への理解が深められて、安全への意識が高まることにあるでしょう。

スポンサードリンク

ユーザー車検の短所は、自分で整備や点検を行うので、工場やメーカー保証がないこと、ユーザー車検の検査場まで平日の日中に出向かなければいけないことがあげあれます。

ユーザー車検にすると、いくらぐらいの節約になるのでしょう。

ユーザー車検に必要となる最低限の金額は、強制保険である自賠責と重量税、検査手数料がありますから、例えば2000cc小型乗用車の場合で67,000円くらいになります。

ユーザー車検といっても、自分1人で全てやらず、指定工場の業者にお願いする場合と、ユーザー車検代行業者に頼む場合とがあります。

指定工場は、自動車工場や販売業者であるディーラー、一部のガソリンスタンド、大型カー用品店などであり、多くが整備と車検の両方を行ってくれます。

料金は、車検・整備・点検の全てと、修理すべき箇所があるときには、別に部品費用と整備修理代が発生します。

法定費用も加わるので、合計8〜10万円以上となるようです。

ユーザー車検代行業者は、看板などの広告がよく出ていますが、個人に変わってユーザー車検を行ってくれるところです。

車検代行手数料と法定費用とで、1万円前後でしょう。

ユーザー車検にしておけば、税金に関する費用を除いては、必要に応じての部品交換費用と、車検場までの交通費、30円の書類代だけで済みます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ユーザー車検を安価で行う方法
ユーザー車検をするにあたって、年数の古い自動車や、以前に事故に遭っている自動車の......
ユーザー車検を簡潔にする方法
ユーザー車検を簡潔にする方法があり、私がいつも行っているユーザー車検の手順とは順......
ユーザー車検のメリットと責務
ユーザー車検を受けておくことのメリットは、経費を抑えられることでしょう。 自賠責......
ユーザー車検の車検場の下見
車検をするのは、新車は3年後、以降は2年ごととなりますが、ユーザー車検でなく車検......
ユーザー車検に準備する必要書類
ユーザー車検には、8種類の書類を作成する必要があります。 自動車にいつも乗せてお......
ユーザー車検の検査場予約
ユーザー車検の検査場では、毎日多くの車の検査が行われていますので、1日でこなせる......
ユーザー車検前の自分での整備点検
ユーザー車検では、1番重要なことに自動車の整備と点検があります。 ユーザー車検で......
ユーザー車検前に車の予備車検
ユーザー車検を選ぶ人は、多くなっています。 予備車検は、ブレーキ・サイドスリップ......
予備車検前にタイヤやホイール洗浄
車のホイールやタイヤなどの辺りは、泥がはねかえってきたりするところなので、汚れが......
ユーザー車検で用意する収入印紙
重量税や手数料の納付に収入印紙が必要で、自動車重量税納付書や自動車検査表に貼り付......
ライン検査前の外観検査の流れ
ユーザー車検のライン検査に入る前に、外観検査を行います。 タイヤの磨耗、ライトの......
サイドスリップ検査の合格のコツ
ユーザー車検では、外観検査を無事通れると、次に検査ラインへと入ります。 ユーザー......
ユーザー車検スピード検査の注意点
ユーザー車検のサイドスリップ検査が終わったら、スピード検査へと移ります。 スピー......
ライト光軸とブレーキ検査内容
ユーザー車検でスピード検査が無事に終了したら、その次はライトの光軸検査に入ります......
ユーザー車検の下回りの検査の内容
ユーザー車検のブレーキ検査終了後は、サイドスリップ・スピード・ライト光軸・ブレー......
ユーザー車検の再検査の仕方
ユーザー車検には、いろいろな検査が行われますが、その中で不合格が出た場合、その部......
日常的な車のメンテナンス
ユーザー車検に合格してからも、愛車が完全に安全だというわけではありません。 安全......
自分でする車メンテナンスの方法
ユーザー車検に合格しても、その自動車が絶対安全といえるわけではないものです。 安......
ユーザー車検代行の短所と代行業者
ユーザー車検には多くの順番があり、時間や専門的な知識が少しは必要になるものの、料......
ユーザー車検以外に定期点検の必要
ユーザー車検とは、車を持っている人が自ら車検場に車を乗って行き、車検を受けること......
ドライブシャフトの点検
ユーザー車検の際に行うメンテナンスには、どのようなものがあるのでしょう。 自動車......

▲このページのトップへ