ユーザー車検で用意する収入印紙

重量税や手数料の納付に収入印紙が必要で、自動車重量税納付書や自動車検査表に貼り付けます。

スポンサードリンク

ユーザー車検の前に、書類を用意する段階で収入印紙を買っておくこともできますが、重量税分の収入印紙はとても高額になるので、ユーザー車検の当日に買った方が良いでしょう。

ユーザー車検当日は、早く済ませたいという方は、事前に用意しておいてももちろん構いません。

ユーザー車検の窓口に、必要事項を埋めてある自動車重量税納付書と自動車検査表を提出すれば、必要分の収入印紙を購入できます。

リサイクル料金がまだ支払い終えていないという場合は、このときに一緒に払い込んでしまうことができます。

収入印紙を買って書類の作成が完了したら、窓口にてユーザー車検の予約を行ってもらいます。

予約を確認して、必要書類に不備などがなければ、次はライン検査に入れます。

ライン検査が始まる前に、以下のような準備を必ずしておきましょう。

車体やエンジンルームの確認がありますので、ボンネットがすぐ開けられる状態にしておきます。

ナットの締まり具合に関する点検があるので、ホイールのキャップやカバーを取り外して、すぐに作業に移れる状態にしておきます。

発炎筒部分の見せるケースがありますから、発炎筒をできるだけ手が届く近いところにおいておきましょう。

光軸検査は、ライトを上向きにします。

検査員が見やすいように、書類をファイルに挟んでおき、判定を書き込めるよう、自動車検査表は別にしておくと作業がしやすくなります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ユーザー車検を安価で行う方法
ユーザー車検をするにあたって、年数の古い自動車や、以前に事故に遭っている自動車の......
ユーザー車検を簡潔にする方法
ユーザー車検を簡潔にする方法があり、私がいつも行っているユーザー車検の手順とは順......
ユーザー車検のメリットと責務
ユーザー車検を受けておくことのメリットは、経費を抑えられることでしょう。 自賠責......
ユーザー車検の車検場の下見
車検をするのは、新車は3年後、以降は2年ごととなりますが、ユーザー車検でなく車検......
ユーザー車検に準備する必要書類
ユーザー車検には、8種類の書類を作成する必要があります。 自動車にいつも乗せてお......
ユーザー車検の検査場予約
ユーザー車検の検査場では、毎日多くの車の検査が行われていますので、1日でこなせる......
ユーザー車検前の自分での整備点検
ユーザー車検では、1番重要なことに自動車の整備と点検があります。 ユーザー車検で......
ユーザー車検前に車の予備車検
ユーザー車検を選ぶ人は、多くなっています。 予備車検は、ブレーキ・サイドスリップ......
予備車検前にタイヤやホイール洗浄
車のホイールやタイヤなどの辺りは、泥がはねかえってきたりするところなので、汚れが......
ライン検査前の外観検査の流れ
ユーザー車検のライン検査に入る前に、外観検査を行います。 タイヤの磨耗、ライトの......

▲このページのトップへ